女の一生

一昨日のこと、


夜も23時を回って家の最寄り駅に着いた時、駅のホームの地面でゴゾゴゾと動く虫を発見。

みんなが避けて通っているので気がつきました。


見ると、
巨大カナブン?
いや、どうもカブトムシのメスのよう。


まあるい体でひっくり返ってしまって
元に戻れないでいました。
こらあかん。
このままだと絶対踏まれてしまうとも言う。



その日一日やさぐれ会社員だった私ですが、虫には親切で有名です。
愛読書はファーブル昆虫記です(嘘)。




カブトムシ女子を手に乗せて(爪が痛いよ、こら)改札を出て公園にリリースしました。





カブ子(←すでに命名)、明るいからって調子こいて駅のホームに行っちゃダメ。
あんたの体じゃひねりが効かないんだから。
さよなら。もう戻ってくるな。





b0314543_862455.jpg

おかえり、おかーにゃん。

はい、のりこさん。







カブ子、ちゃんとクヌギの木を見つけられたかなあ。


ちょっとだけ、またカブ子に会いたい。





「おばちゃん、こないだありがとう。
これ、蜜。」とか…。

おばちゃん、アカシアのハチミツが大好きなんだけど!
…ないか。ないな。




カブ子、天寿を全うしてね。
[PR]
by awayanorico | 2014-07-31 07:34