二丁あがり?

昨日は長男の高校の卒業式でした。
b0314543_14335120.jpg

おかーにゃん、今日はえらい化粧が長いな。


3年間のうちにはいろいろ悩むこともありましたが、
先生と友人に恵まれたかけがえのない
高校生活だったことが実感できました。




楽しい、そして感動の多い一日でした。


謝恩会で、
マンガの受け売りだけれどもと断りながら、息子の友人が先生に贈った言葉です。
teacherという言葉は、日本語だと「教師」とか「先生」と訳すけれど、
学問を教える人が教師なら
人生をも教えてくれるのが先生。
U先生は、僕たちの「先生」でしたと。
尊敬している、と他の子も口々に言いました。


本当に素晴らしい学校、先生、お友達でした。
このご縁を一生大切にしてほしいものです。

偉くならなくてもいいから(まぁ多分ならないけど)、このクラスのみんなに堂々と顔向けできる人生を送ってほしいと思います。




…という親の思いはまだピンと来ないようで、
奴らは一晩中騒いでカラオケ行って、結局お友達の家に泊めてもらったようで、
堂々の朝帰りです。



おいコラ小僧。
そんなとこだけ堂々のいっちょまえかい。


息子の高校卒業で
子育て二丁あがり〜??と思ったのは甘かった。
男の子って本当にダメ。バカ。


うちの会社のオッさんたちも
誰かのかわいい息子なんだろうな…。
そう思って見ると、
また違う気持ちになれるかも?




いや、ちょっとかなり無理(笑)
[PR]
by awayanorico | 2014-03-21 13:44